日本ベンチャー学会イノベーション研究部会1998 12/12詳細

Welcome to our homepage

日本ベンチャー学会イノベーション研究部会第二回シンポジウム




日本ベンチャー学会イノベーション研究部会第二回シンポジウムは 御蔭様で1998 12/12(土)に無事終了致しました。 当日は師走で告知がその週の火曜日であったにも関わらず、当学会の他、 各省庁、電子情報通信学会、映像情報メディア学会、IEEEの幹部の 方々百数十名という多くの方に御参加頂きました。 テーマ:研究開発型ベンチャーと大企業のイノベーション 主 催:日本ベンチャー学会イノベーション研究部会 場 所:法政大学 市ヶ谷キャンパス55年館3F833教室 東京都千代田区富士見2−17−1 TEL03-3264-9893,FAX03-3222-6425 JR中央線、営団地下鉄有楽町線、都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅下車徒歩10分 日 時:12月12日(土)午後(13:00-17:15) スケジュール(総合司会:三菱電機梶Aイノベーション研究部会幹事 中原 新太郎) 13:00-13:30 法政大学総長、日本ベンチャー学会会長 清成 忠男氏 13:30-14:00 轄総ロ基盤材料研究所 副社長、元NEC基礎研究所長 篠田 大三郎氏 14:00-14:40 潟香[ド 代表取締役社長、元カシオ計算機専務 志村 則彰氏 14:40-15:20 IDEO JAPAN 代表、デザインディレクター   深澤 直人氏 15:20-15:30 休憩 15:30-17:30 パネルディスカッション        篠田 大三郎氏、志村 則彰氏、深澤 直人氏 プロサイド社長、元ソード社長 椎名 尭慶氏、        日本テクト社長 増岡 厳氏、平野デザイン設計社長 平野 哲行氏        横浜市立大学商学部教授、イノベーション研究部会長 吉川 智教氏 東京大学文化研究科教授、イノベーション研究部会幹事 丹羽 清氏 18:00-19:30 懇親会 以下に、当日の討議の様子を示します。 法政大学総長 清成 忠男氏 ・企業家の機能の理想は新技術、アイデアの企業化であって発明者や 資金供給者である必要はない。 ・ブレークスルー型からインチアヘッドの企業家へ ・ベンチャーと大企業は時間感覚が異なる。 NEC基礎研究所長->国際基盤材料研究所 副社長 篠田 大三郎氏 ・ベンチャーは個人ではできない。日本も開放的なネットワークへの移行を。 ・必要な情報と支援はアイデアの市場価値判定(技術の変化に応じた迅速な)、 創業者のインセンティブ、マネジメントチーム(ステージに応じVCから)等 ・障壁は閉鎖的なネットワーク、失敗を許さない社会風土、融資の個人保障等 ・評価の重要性Vision-Plan-Do-Seeと弱点も積極的に述べる透明性 カシオ計算機専務->ロード社長 志村 則彰氏 ・外に出ると変化が見える。変化をどう見て、どう差別化するか。 ・カネ、モノ、ヒトより何を、どうプロデュースするか。 ・独立は50代前半に:社会的実績があるので信用できる。 ・企業家:プロデューサー、まず自分でテーマを決める事からスタートを。 ・企業は規模に関係なくリーダーが何をするのかがキー。 ・良い仕事程厳しい、好きで初めて越えられる。 IDEO JAPAN代表 深澤 直人氏 ・革新は「しろ」と命じられてできるものではない。 ・革新のプロセス:ラピッドプロトタイピングとブレーンストーミング ・キーワードはF(Fail)L(Lefthanded)O(Out there)S(Sloppy)S(Stupid) ・一攫千金狙いはモラルハザード、社会性に根差しているか考えるべき SORD->プロサイド社長 椎名 尭慶氏 ・大企業とベンチャーの差(SORDを東芝に売却後も2年間は社長)は直観力 (ここぞというポイントを捕まえ価格差、時間差攻撃)vs組織力とスピード ・ベンチャーはネットワークと仕組みを考える構想力が必要。 ・ベンチャーから学ぶもの:型外れのものを理解、社員と顧客の両方を教育 ・日本は学校秀才を集め過ぎ、日本のVCは本気で企業を育成した経験なし。 ・大企業と争わないニッチトップ戦略。 ・大企業は金ではなく素のままのゼロベースでOn demandで思考せよ。 ・現場、実、物が大切。 日本テクト社長 増岡 巌氏 ・情報は受信と共に発信(プロト以前のバラック状態で) ・アウトソーシングは価格以外に問題発生時の対応能力(大手に揉まれている 企業を)、一々指示せずにすむ生産技術等を重視。 ・開発とマーケティングでは一人勝ち現象を意識し、互換性を失わない程度の 差別化を ・企業の大きさより市場を見よ。 平野デザイン設計社長 平野 哲行氏 ・財務・技術+デザイン ・プランナー、プロデューサー、コーディネーター、ストラテジストの分業。 ・日本は結果平等主義からの転換を ・プロとは何か、金に対して何を返すのか(時間ではない) また、会場の早大 大須賀教授、IEEE EM-S Tokyo山田Chairman(三菱総研)、 映像情報メディア学会 和久井氏、通産省 サービス産業課長 加藤氏、 科学技術庁科学技術振興局 宮林前局長等から ・大学が障害になっている。 ・ベンチャーバブルへの反省。 ・ソフトベンチャーへの取り組み。 ・規制緩和と競争の必要性。 ・今後の部会への期待等が語られた。 講師略歴 ・清成 忠男氏:東京大学経済学部卒、法政大学経営学部長、同学産業情報センター長   同学ビジネススクール教授を経て現在同学総長。早くからベンチャーに注目、また   社会人大学の導入にも先鞭をつける。ベンチャーエンタープライズセンター理事等   兼任。日本ベンチャー学会設立と同時に会長に就任。 ・篠田 大三郎氏:NEC基礎研究所長、後、同社米研究所を立ち上げた後、KSP (神奈川サイエンスパーク)内のベンチャー企業、国際基盤材料研究所に転じ、現在 同社代表取締役。 ・志村 則彰氏:カシオ計算機専務、顧問からベンチャーのシーケンスに転じ、同社 代表取締役副社長として、カスタムLSIの開発部隊を率い、その後独立。 カシオ時代は「電卓戦争」の指揮官として「答え一発カシオミニ」を生み出し、 多くの企業を撤退に追い込む。その後、Gショック、電子楽器、カーナビ等の カテゴリーキラーの指揮官として知られる。NHKの電子立国日本の自叙伝下巻 P160等で紹介される。現在、潟香[ド 代表取締役社長。 ・深澤 直人氏:多摩美術大学立体デザイン科卒、セイコーエプソンを経てIDEO入社。   NECのデザイン言語開発、アップル社のコンシューマーデザイン言語等開発。   IDEA(米国工業デザイン優秀賞)金賞、IF賞等受賞多数。カリフォルニアカレッジ、   スタンフォード大学プロダクトデザイン科等非常勤講師、多摩美術大学講師。 IDEOはロンドン、シリコンバレーに本拠を有する世界的デザインネットワークで、   デザインだけではなく、製品開発代行、コンサルティング、また、北米ではベンチ   ャー支援も手がけており、日経ビジネス1995.6.19号P90等で取り上げられる。
GO TOP